プラセンタで一番大事なのは成長因子

プラセンタと成長因子

プラセンタには、多くの成長因子が含まれています。

 

 

成長因子とは細胞分裂を活性化させる因子で、
新陳代謝を高める効果があります。

 

 

その成長因子を働かせることで、健康や美容への効果が期待できるのです。

 

 

また、人間は自力で成長因子を作ることができます。

 

 

しかし、成長因子の産生は10歳ごろから徐々に減少し、
20歳を越えるころには急激に減少してしまいます。

 

 

これが、老化の始まりとなってしまいます。

 

 

プラセンタを摂取するとこの成長因子取り込むことができますので、
いわゆる、若返り効果があるのです。

 

 

プラセンタには、以下の成長因子が含まれています。

 

●上皮細胞増殖因子(EGF)
上皮細胞増殖因子(EGF)は、お肌の表面である上皮の細胞の成長と
調節に重要な役割をするタンパク質で、人が本来持っているもので、
人の唾液や母乳などにも多く含まれています。

 

上皮細胞増殖因子(EGF)は、
もともとは肌の皮膚再生医療、皮膚移植、
角膜切開による傷の回復促進として研究されていた成分です。

 

皮膚、角膜、肺、気管などの上皮細胞の増殖をうながします。

 

 

●インシュリン様成長因子(IGF-1)
インシュリン様成長因子(IGF-1) は、主に肝臓や骨格筋などでも、
インシュリンと類似したポリペプチドホルモンです。

 

人体のほとんどの細胞がIGF-1の影響を受けていおり、
特に筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺の細胞がそうです。

 

その他、軟骨細胞・平滑筋細胞の増殖と再生も促します。

 

 

●繊維芽細胞増殖因子(FGF)
繊維芽細胞増殖因子(FGF)とは
人体で作られるたんぱく質の一種で、
シワやほうれい線、くぼみの皮膚組織の再生を行います。

 

 

●免疫力向上因子
免疫力向上因子は造血幹細胞などの、
免疫力の向上にかかわる細胞を増殖します。

 

また、免疫力向上因子を細かく分類すると以下の通りになります。
・CSF(コロニー形成刺激因子) 免疫細胞の顆粒粒、マクロファージなどの幹細胞の増殖。
・IL-1(インターロイキン1) 免疫細胞、胸腺細胞の増殖、リンホカインの産生促進。
・IL-2(インターロイキン2) ヘルパーT細胞、キラーT細胞・サプレッサーT細胞の増殖を促進。
・IL-3(インターロイキン3) 造血幹細胞、肥満細胞の増殖を促進。
・IL-4(インターロイキン4) B細胞の増殖、および抗体産生細胞への分化促進。

 

 

●肝細胞増殖因子(HGF)
肝細胞増殖因子(HGF)は臓器の形成や
組織の修復に関与する生理活性物質です。

 

肝臓だけでなく心臓・血管・肺・腎臓・消化器・脳神経系・筋肉など
さまざまな臓器や組織の再生や保護に重要な働きをしています。

 

 

●神経細胞増殖因子(NGF)
神経細胞増殖因子(NGF)は、神経細胞である
交感神経、副交感神経、知覚神経節細胞の増殖と再生を促します。

 

それによって、自律神経、ホルモンバランスを整える作用があり、
精神が安定により、うつや更年期障害の症状を改善してくれます。