プラセンタの選び方は簡単

プラセンタの選び方

プラセンタ選び方には、ちょっとしたポイントがあります。

 

 

プラセンタのサプリメントは、品質や価格も様々で、中には粗悪品もあります。

 

 

そのため、品質と価格のバランスを考え、間違いのない製品を選びましょう。

 

 

●プラセンタの配合量

 

プラセンタの推奨される一日の摂取量は、
業界で新たに規格された値で、プラセンタエキス純末で100mgです。

 

プラセンタ製品に含まれているプラセンタエキスは
製造時に濃度の調整を各メーカーで行っています。

 

そのため、プラセンタエキス原液の濃度がメーカーごとに違います。

 

つまり同じ配合量の商品があっても、
含まれているプラセンタの量は違うということです。

 

そのため、プラセンタエキス「原液」ではなく、
プラセンタエキス原液に含まれている「固形分」を純末として表示するようにしました。

 

この規格は2014年に発表されたため、
2014年以前の商品には「プレセンタエキス純末」の表示はありません。

 

成分表示の部分を見て、
プレセンタエキス純末と表示されているものを選びましょう。

 

 

●プラセンタの原材料の種類

 

プラセンタには、植物性のものもありますが、
プラセンタサプリメントのほどんどは、
動物由来のプラセンタが使われています。

 

「豚」→サプリメントなどに最も多く使用されているプラセンタ。

 

「馬」→豚よりアミノ酸などの有効成分が豊富で、
    安全性も高いとされています。

 

「羊」→人の身体と適応しやすいとされているプラセンタで、
    安全性、品質とも最高といわれています。

 

 

●プラセンタの産地

 

国内産のプラセンタは安心で安全だといわれていますが、
実際は、多くが海外産プラセンタが使用されています。

 

海外産だからといって品質や安全性が悪いわけではありません。

 

なかでも、スイスやデンマーク産は独自の安全基準を設けているので、
国内産より安全性が高いでしょう。

 

 

●プラセンタエキスの濃度

 

プラセンタエキスの濃度は、
プラセンタの成分の「成長因子」の含有量に関係します。

 

つまり、成長因子がたくさん含まれている、
プラセンタ濃度の高い製品を選ぶのが重要ということになります。