プラセンタはアトピーの改善に効果

プラセンタとアトピー

プラセンタは、アトピー性皮膚炎の治療にも効果が期待されます。

 

 

アトピー性皮膚炎の主な症状は、
簡単にいえば、長期的に続く湿疹のことです。

 

 

◆主なアトピー性皮膚炎の症状
@強いかゆみがある
出血してしまうくらい強く掻いてしまうこともある。

 

A湿疹が体の部位に左右対称に出る
額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分に出やすい。

 

B長期的な症状
乳幼児は2ヶ月以上、成年では6ヶ月以上の長期的な症状が出ます。

 

 

◆アトピー性皮膚炎のの特徴

 

・カサカサ
・ゴワゴワ
・ジュクジュク
・ひどい赤み
・患部の盛り上がり
・硬い状態の湿疹

 

 

アトピーの原因は、子どもと大人では異なります。

 

 

子どもの場合は食べ物で、大人の場合は周囲の環境、ストレス、ダニなどが原因です。

 

 

◆子どもの場合(食べ物が原因)
・卵(特に白身)
・牛乳、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)
・大豆(大豆油、豆腐、味噌など)
・小麦(パン、うどんなど)
・米
・エビ・カニ
・魚(サバ、サケ、マグロなど)
・ソバ
・落花生

 

 

◆ 大人の場合(環境が原因)
・ダニやハウスダスト(家のホコリ)
・カビや真菌(カンジダ、アスペルギウスなど)
・細菌(ブドウ球菌など)
・花粉(スギ、雑草など)
・ペットの毛(犬、猫など)
・ホルムアルデヒドなどの化学物質

 

 

◆アレルギー体質以外の原因
・ストレス
・乾燥肌
・清潔でない状態でいること
・不規則な生活
・睡眠不足

 

 

アトピーの主な治療法は、かゆみの元となるヒスタミンの作用を抑えるために、
ステロイド剤が使用されているのが現状です。

 

 

しかし、このステロイド剤には副作用があり、長期使用によって
皮膚の再生機能が弱くなり、ステロイドによる湿疹ができることもあります。

 

 

この、ステロイド治療に変わる方法として、
プラセンタによる治療が注目されています。

 

 

プラセンタの使用法として、プラセンタ製剤のラエンネックを注射もしくは内服し、
同時に皮膚にプラセンタエキスを塗ります。

 

 

プラセンタの中には、皮膚に効果がある成長因子が含まれていて、
健康な皮膚の再生を助けてくれます。。

 

 

また、プラセンタは神経の興奮を抑えて、
かゆみ自体を感じづらくしてくれます。

 

 

しかし、現在において、厚生省ではアトピー性皮膚炎のプラセンタ治療に
保険を適応することを許可していません。

 

 

また、強いアトピー性皮膚炎の場合は、
プラセンタに拒否反応を示すこともあるようです。

 

 

プラセンタはもともと人間の体内にある成分ですから、
アレルギー反応はほとんどないとされています。

 

 

もしプラセンタを利用してかゆみや発疹が出た場合には、
すぐに医師に相談しましょう。