プラセンタは不妊治療に役立ちます

プラセンタと不妊治療

プラセンタは、不妊治療にも効果が期待されています。

 

 

◆一般的な不妊治療の流れ
一般的な不妊治療の大まかな流れは、以下のとおりです。

 

@問診・視診・触診
A不妊検査
B不妊治療の方針決定

 

 

◆不妊治療の種類と費用
不妊治療には、大きく分けて「一般不妊治療」と「高度生殖医療」の2種類があります。

 

・一般不妊治療……タイミング法、ホルモン療法、人工授精
・高度生殖医療……体外受精、顕微授精、凍結胚移植

 

 

◆不妊治療にかかる治療費の平均

 

治療期間:1年未満……・・・平均6万円
       1〜2年未満……平均44万円
       2〜3年未満……平均100万円
       3年以上……・・・平均137万円

 

 

不妊治療は、年々成功率が上がっています。

 

 

そのため、以前よりは、治療を受ける人の数も増加しているといわれています。

 

 

しかし不妊治療は高額な費用や時間が必要とされるため
不妊治療を気軽に行ってみたいと思う方には、
プラセンタを摂取する事をおすすめします。

 

 

プラセンタによる不妊治療では、
卵子の質の向上、子宮内膜の増殖、着床率の向上が期待されます。

 

 

そのため、プラセンタによる不妊治は、
不妊症や不育症の改善に効果が期待されているため
実際に医療機関などで使用されています。

 

 

ただし、現在の日本では不妊治療としてのプラセンタ療法は
保険適応が認められていません。

 

 

治療を行う場合は、全額自費ですので注意してください。

 

 

また、不妊にはストレスが大敵です。

 

 

プラセンタには精神安定作用がありますので、
精神面をよくする効果があります。

 

 

生理前にイライラしてしまう方も、
プラセンタを利用されている方が多いようです。

 

 

不眠や気分が落ち込む、情緒不安定になりがち、
やる気が出ないなどのうつ症状を感じたら、
プラセンタ療法を検討してみることをおすすめします。