プラセンタは更年期障害を改善

プラセンタと更年期障害

プラセンタは、更年期障害の改善に効果があります。

 

更年期障害とは、50代前後の女性に起こる自律神経の病気といわれています。

 

 

女性の体は、ホルモンのバランスの変化によって様々な影響を受けます。

 

 

特に、40歳を過ぎた頃から卵巣の機能が低下し続け、
更年期という時期になると、その影響が顕著になってきます。

 

 

その結果、卵巣から分泌される
女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少し、
体の中のホルモンバランスが乱れます。

 

 

ホルモンバランスが乱れると自律神経のも乱れてしまい、
体にさまざまな不調が現れます。

 

このような、ホルモンバランスの乱れによっておこる不調を
一般的には更年期障害といいます。

 

 

◆更年期障害の症状
・だるい
・疲れやすい
・のぼせ
・ほてり
・多汗
・手足の冷え
・腰痛
・肩こり
・頭痛
・めまい
・たちくらみ
・耳鳴り
・動悸
・手足のしびれ
・関節の痛み

・からだのかゆみ
・肌や目・口の乾燥
・イライラ
・不安感
・不眠
・食欲不振

 

 

しかし、最近では20〜30歳代の女性が
同じような症状になるケースが増えているようです。

 

 

これを若年性更年期障害といいます。

 

 

また、更年期障害は女性だけに限らず男性にも起こります。

 

 

男性の場合は加齢とストレスなどがで、
男性ホルモンの一種であるテストステロンが減少による
ホルモンバランスの変化が原因です。

 

 

女性の場合は女性ホルモンである
エストロゲンの急激な減少によってホルモンバランスが崩れ、
自律神経を乱すことで引き起こされることがわかっています。

 

 

更年期障害の症状としては
肩こりや頻尿、めまい、立ちくらみ、のぼせ、イライラなどです。

 

 

プラセンタは、更年期障害の症状を軽減する効果があります。

 

 

プラセンタにはホルモンの調整作用があることから、
更年期障害を軽減・緩和することができ、
自律神経の乱れを改善する効果が期待できます。

 

 

また、更年期障害や自律神経の乱れは、
血行が悪い方にもよく起こります。

 

 

プラセンタは血行をよくし、血流を改善してくれますので、
更年期障害や自律神経にいいといえます。